【読書】あなたの人生から「めんどくさい」が消える本

narrative 794978 1920 840x348 - 【読書】あなたの人生から「めんどくさい」が消える本

世の中にはたくさんの本があります。ですが、出会える本には限りがあります。最近読んだ本の中から、わたしたちを励ましてくれる、経営のヒントを与えてくれる、どう働くかを考えさせられる等、心を動かされた言葉をご紹介します。

 

あなたの人生から「めんどくさい」が消える本

著者 枡野俊明(曹洞宗徳雄山建功寺住職)

PHP研究所


「めんどくさい」の原因は選択肢が多いから

現代は選択肢にあふれている

一昔前までの日本は、(略)、人生の選択肢というものがとても少なかったものです。例えば職業にしてもそうです。農家のこどもとして生まれたのであれば、将来は農家を継ぐことが定められていました。(略)

現代社会は選択肢にあふれた時代ともいえます。どんな仕事を選ぶのか。どのような人生を歩んでいくのか。基本的には自由に選ぶことができます。(略)選択肢が多いということは、素晴らしいようにみえあますが、実はその選択肢の多さにたじろいでいる人もたくさんうるのではないでしょうか。自由に選択できるからこそ、自分で選ばなくてはいけないという重荷がおぶさってくる。いっそ誰かが決めてくれたら楽なのに。(略)

選択肢が多いということは、実はめんどくださいことが増えていることになっているのです。そういう意味で現代社会は「めんどくさい」にあふれているといえるのかもしれません。

 

今日は今日、明日は明日

禅の中には「現在」という時間しか存在していません。「今」というこの一瞬だけに目を向けて、そこに心を集中させること。過去に心を置いてきぼりにすることなく、未来に個々を遊ばせることなく、現在という時間を一所懸命に生きる。

 

歳月、人を待たず(歳月不待人)

「時はきがつくと、あっという間に過ぎ去ってしまうもの。人生にはかぎりがあり、京都いう日は二度と戻ってこない。だからこそ日々をいたずらに過ごすのではなく、大事に生きなければならない」

(略)時間はすべての人に平等に与えられています。そして、すべての人間に対して時は待ってくれません。

 

主体的に物事をとらえる

「随所作主 立処皆真(ずいしょにしゅとなれば、りっしょみなしんなり)」という禅語があります。(略)「人間は何事においても、どんなところにいても、常に主体的に生きるという心がけをもつこと。主体的に生きることで、自然と周りに振り回されることはなくなってくる。そして自分自身の真実と出合うことができる」

 

 

関連記事

  1. narrative 794978 1920 200x200 - 【読書】Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である 【読書】Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生…
  2. narrative 794978 1920 200x200 - 【読書】ビジネスモデル2.0図鑑 【読書】ビジネスモデル2.0図鑑

最近の記事

  1. envelope 2575253 1920 200x200 - 【事務所通信】2020年9月
  2. 20200831 200x200 - 【お知らせ】徳島県版プレミアムポイント事業
  3. narrative 794978 1920 200x200 - 【読書】Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である
  4. narrative 794978 1920 200x200 - 【読書】あなたの人生から「めんどくさい」が消える本
  5. envelope 2575253 1920 200x200 - 【事務所通信】2020年8月
PAGE TOP